太陽学園とは

「フリースクール」とは

最近よく聞かれるようになった「フリースクール」。
学校に行けない問題児や不登校児が自分を変えるために通う場所。そんな風に思っていませんか?

フリースクールとは学校以外の選択肢・居場所として、それぞれの児童生徒に合わせた学びをサポートする場所です。ニーズに伴い、全国各地に多くのフリースクールができ始めています。

学校の勉強についていけないからだめだ、友達ができないからだめだ、不登校だからだめだという時代ではなく、これからは、自分に合った学ぶ場所(スクール)を自分で決める「学校選択制」の時代です。
フリースクールとは自分の居場所を求める子どもたちが楽しく過ごし、学び、自尊心を持って人生を歩めるようにサポートする。そんな温かい場所であると考えています。

文部科学省ホームページ フリースクール・不登校に対する取組み

太陽学園は長野県飯田市初の民間フリースクール&アフタースクールです

太陽学園では、不登校傾向や発達障害のある児童・生徒に、勉強や対人関係など各成長段階に応じた課題を、マンツーマンでの学習指導や少人数によるソーシャル・スキルトレーニングなどの指導によって、よりきめ細かな療育支援を行っています。
個々の個性や能力に合わせた指導方法(個別支援)で学び、自分のつまずきとうまくつきあいながら、自らの殻をやぶって自信を持ち、自立し、社会に参加・進出ができるためのサポートを行うことを最大の目標としています。

対象は小1~中3までで不登校や発達障がいの子どもたちを対象としたフリースクールや不登校や障がいの有無に関わらず通うことのできるアフタースクールの事業など両方の運営をしていく総合フリースクールという珍しい体制を取っています。

また入学対象外となる未就学児や高校生以上の保護者の方や大人の方を対象とした相談事業も行います。

民間という立場を活かした自由な活動や柔軟性、それぞれのお子様の特性に合った教育や居場所づくりをスタッフともども楽しく過ごせるような学園を運営していきます。

教員免許有資格者が運営しています

理事長の荒木は教員免許(特別支援学校教諭免許/小学校教諭免許/中学校教諭免許/高等学校教諭免許)を有しており、公立・私立の小学校、中学校、高等学校、特別支援学級等での教員経験があります。

教員経験の中で感じたことやノウハウ、学校組織との連携を活かし、それぞれの児童生徒に寄り添った学園運営をしています。
その他、各校種や各教科の免許を保有した職員が数多く在籍しています。

地域の学校と連携し、学習面も真摯に取り組みます

自由な活動はもちろんですが、太陽学園では教員免許を持った代表が勉強を教えることができますので、学びの場としての軸をしっかりと持つことができます。
学校ではペースが合わず自信が持てなかった勉強も、自分のペースでコツコツと行うことにより、自信につながると考えます。

また、飯田市教育委員会や地域の学校との連携にも力を入れています。

無理に学校に通うように促すことはしませんが、児童生徒自身が学校に戻りたいと感じた時に、再登校や学校と並行して太陽学園に通えるよう、地域学校と密に連絡連携を行っています。

好きな時間・好きな日に通えるショートスクールもあります

「フリースクール・アフタースクールのスクールコースに入学しても続けて通えるか心配…」という声にお応えし、ショートスクールを新設いたしました。
ショートスクールは、1回30分から最大2.5時間まで通うことができます。前日の予約で、好きな日、好きな時間、30分につき500円で通う事ができ、30分ごとにカウントを行いますので、本格的に在籍する前のお試しや、お子様の状況に合わせて無理なく通う事ができます。スクールコースへの変更も可能です。(スクールコースへの変更の場合、入学金は差額のみのお支払いとなります)

太陽学園の理念・目的

太陽学園は「子どもを優等生に再教育する」「学校に馴染むように矯正する」という場所ではありません。
「自分なりの生き方の形をみつけよう」を合言葉に、 それぞれのニーズに応じ、独自の体験型カリキュラムを基にした少人数・個別療育に特化した場所です。
発達支援専門の総合型フリースクールとして、認知特性に合わせた療育支援・行動支援・学習支援・心の支援・自立支援を行います。

理念

太陽学園では、障がいのある人もない人も、共に育ち、共に学び、共に生き、将来的に自分なりの自立した生き方の形を見つけることを目標としています。

建学の精神

それぞれが様々な形で社会へ進出するために、自分の持っている個性を最大限に活かし、相手の立場に立って考え、自分と他者を大切にすることができる人間形成の道として、「インクルーシブ・共育心」を建学の精神にしています。

設立目的

太陽学園とは

太陽学園は建学の精神に基づいて、太陽の光に恵まれた自然豊かな環境のもと、全ての子どもの個性が光輝き、障がいのある子もない子も共に育ち、共に学び、共に生き、将来における自分なりの自立した生き方の形を見つけるため、子どもたちの持って生まれた個性を尊重すべく「みんなちがってみんないい」の価値観を共有していきます。

そういった障がいの有無に関係ない『インクルーシブ・共育心』の理念を実践することにより、自分の個性を大事にする気持ちを育て、それぞれのちがいを認め、相手の立場に立って考え、自分と他者を共に大切にする経験と視野を広げることができます。

その価値観を共有する課程のなかで、日々の活動では、一人ひとりの個性を大切にしながら発達検査等の結果から、個々のつまずきやできないところを把握した上で、それぞれのニーズに合わせた少人数制・完全個別プログラム式の個別支援計画を作成し、読み書き計算などの基礎学力の支援を行い、それに加えて本園の3つの柱である「自主遊び」「体験学習」「課題探求学習」を通して、ソーシャルスキル等の社会に出てから必要なスキル、自立する力を身に付けていきます。

将来、学園で学んだ多くの子どもたちが、たくましく大人になり、社会に自信を持って進出し活躍していくことを切に願い、太陽学園を設立するに至りました。

太陽学園では、【子どもたちの将来的な自立を見据え、0歳から大人になるまでの間をオールサポートし、それぞれの個性を大切にする中で、他者の個性も認め、互いに育つ。】という、一貫した「インクルーシブ共育心」のもとに人間形成の基礎を培うことにより、様々な形で社会へ進出し、《自分なりの自立した生き方の形を見つけること》を最大の理念としています。

そんな心を持った子どもたちを育てるにあたり、太陽学園では、個々に合った発達支援を継続的かつ専門的に行うことを目的に、各発達段階に応じた学園独自の【フリースクール・アフタースクール】【個別療育場所・個別相談場所】【地域コミュニティ場所】機能を備えた一体型の新しい社会福祉施設として誕生致します。

太陽学園の取り組み・ 事業内容

フリースクール

特に不登校傾向や発達障がいのある児童・生徒が将来、社会に出て仕事に就きやすいようマンツーマンや少人数でよりきめ細かな療育支援を受けられ、勉強や対人関係などを独自のカリキュラム(個別の支援計画)で学べるフリースクールです。

アフタースクール

特に障がいの有無に関係なく、対象の年齢の全ての子どもたちが放課後時に安心して宿題をするなどの学習をできる居場所を提供し、さらに学童保育中に体育・図工・英語・音楽等に関わる幅広い分野も「教育・習い事付き学童保育」として受けられるアフタースクールです。

ショートスクール

1回30分から最大2.5時間まで通えるショートスクールです。前日の予約で、好きな日、好きな時間、30分につき500円で通う事ができ、30分ごとにカウントを行いますので、本格的に在籍する前のお試しや、お子様の状況に合わせて無理なく通う事ができます。スクールコースへの変更も可能です。(スクールコースへの変更の場合、入学金は差額のみのお支払いとなります)

個別療育

保育園段階から小学校へ入学する事を見据え、個々の個性や能力に合わせた保育方法を提案・実施し、子どもたちが自分の個性をよく理解しながら充実した日常生活を送ることができるよう保護者の方と一緒に支えていく独自型の療育内容です。

個別相談

特に高校生以上の大人の方向けに、ご自身の発達障がいでのお悩みや、子育てに関してのお悩み、お困り事等をご相談して頂き、それぞれの適正やニーズに合わせて安心して日常生活や社会生活が送ることができるよう関係機関とも連携を図りながら、適切な相談支援の提供に努めます。

地域コミュニティ場所

地域の方々を対象に季節ごと定期的に地域や一般の方々を招いてイベントを実施したり、子どもと高齢者などが気軽に交流したりできる場所として施設を開放し、地域の交流場所・地域の活性場所としての役割を担います。

太陽学園のあゆみ

当法人は非営利型の一般社団法人として運営しています。
松尾久井地区の空き工場テナントをリフォームし、令和3年9月よりプレオープン。
令和3年10月には飯田市起業家ビジネスコンペに入賞。
令和4年4月1日グランドオープンし、同4月8日に開校式を行いました。

令和4年9月にはプレオープンから1年を迎え、太陽学園だよりをリニューアル。地域の回覧板に入れていただけることになりました。